サン食品イメージ

サン食品は沖縄そばを中心とした食品メーカー。
沖縄の食文化の発展と社会貢献を目指しています。

弊社のシンボルマークは太陽をイメージしたものです。太陽の光はまぶしく、計りしれない恵みで
動植物を育んでいます。そのような太陽の恵みの下で、私たちも食品の製造を通じて、太陽のよう
に暮らしを豊かにする存在になりたいと考えています。

会社イメージ

代表あいさつ

昭和43年、那覇市松川に製造工場を設立し、お客様にとっておいし
くて健康な製品をお届けすることを目指し、多くの商品を提供してき
ました。
創業当初、販売したのは「日本そば」や「うどん」でした。沖縄そば
の販売も試みましたが納得いく麺ができず、断念。それらを提供する
店舗を営業しながら、沖縄の消費者の嗜好や生活スタイルなどの情報
を得て、再度そばづくりを研究したのです。
独特の食感や風味を突き詰め、約6年の歳月を費やして沖縄そばを完
成させました。今では、沖縄そばは、わが社が製造する麺の約七割を占
める主要製品となっています。
また食に携わる企業の一つとして、わが社は商品の安全性にも配慮し
てきました。2004年4月には、製麺業界において日本で初めてと
なる国際基準ISO9001-HACCP方式を導入しました。
原料を仕入れて製造し、商品となってお客様のもとに届けるまでの過
程を一つ一つチェックし、トラブルを未然に防ぐというシステムです。
お客様の信頼を裏切らないためにも、徹底した品質・衛生管理を行っ
ています。
食品メーカーにとって”おいしい”製品を提供するのは、今は当たり
前の時代。これからは、一歩進んで”おいしくて健康にいい”
”おいしくて楽しめる”製品を提供していきたいと考えています。
「自ら活動して他を働かしむるは、水なり」
何事においても、まず自らが行動を起こすこと。創業当時から変わり
ないその精神で、今後も歩み続けていきます。

会社イメージ